実は・・・

最近のデジカメというものは、人の顔を認識する機能がついているらしい。
すごい。すごいよ、デジカメ。
だが、ここに顔を顔として認識してもらえない人がいる。
なぜか全身を撮ると、右ひざに照準が行く。
君の右ひざには、何があるのだ!?
田所さん、除霊をすすめるよ。


コメント
それは、多分、「人面瘡(人面疽)」ではないでしょうか。

人面瘡(人面疽)は、腫れ物で、それに人間の顔のよう二目、鼻、口などがあるものです。そして、驚くべきことに、しゃべったり、ものを食べたりするんです。

「人面瘡(人面疽)」をテーマとして小説としては横溝正史の『夜光虫』、谷崎潤一郎の『人面疽』、また、マンガでは手塚治虫の『ブラックジャック「人面瘡」』などがあります。

まあ、顔が二つあるというのは、役者としてはいいのかも(って、本当にいいのか?)
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

twitter

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

categories

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM